2016年11月05日

日経平均、終値9600円台回復 5営業日

13日の東京株式市場で、日経平均株価の終値が5営業日ぶりに9600円台を回復した. 前日の欧米市場で株価が大幅に上がった流れを受け、一時、160円以上値上がりし、9700円に迫る場面もあった. 日経平均の終値は、前日より113円20銭(1.19%)高い9637円99銭. 東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同5.60ポイント(0.69%)高い815.48. ただ、中国の1~3月期の国内総生産(GDP)の伸び率が5四半期続けて下がったことを受け、上げ幅が縮小. 北朝鮮の長距離弾道ミサイルとみられる機体の発射は失敗したため、株式市場に大きな影響はみられなかった. 電源コードを使わずに送電し、電気自動車(EV)に充電する装置が2015年にも登場することになった. 造船重機大手のIHIが米国のベンチャー企業と組んで生産・販売に乗り出すもので、磁場を使って電力を無線で伝える「非接触給電」の技術をもとにしている. EVの普及に弾みをつける新しいインフラとして注目を集めそうだ. 電気の送り手側と受け手側の装置が20センチ離れていても、3キロワット超の電力を90%以上の高効率で送電できる「磁界共鳴方式」という仕組みで、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が07年につくった米国ベンチャー企業、ワイトリシティ・コーポレーション(マサチューセッツ州)が開発に成功. IHIが3月末に、この技術を用いてEV向けの充電装置を製造・販売できるライセンス契約を結んだ. IHIは横浜事業所(横浜市)で実証実験を続けている. IHIは車に載せる受け手側と、地上に設置する送り手側の装置の双方を市販する計画だが、最初は三菱自動車のEV、アイミーブのオプション装備として15年に実用化する予定だ. 4月4日を「シシ」の語呂合わせから「シシリアンライスの日」と定める佐賀市が、制定4周年でさらに「4」が並んだ今年、シシリアン王国を建国した. シシリアンライスは、生野菜と炒めた肉をのせてマヨネーズをかけた、ご飯もの. 名前の由来は諸説あるが、市内の喫茶店で約30年前に生まれたとされる. ご当地グルメは各地でブーム. 地域興しの原動力にもなっている. 初代国王の秀島敏行市長は「よその味には負けません. ウソだと思ったら食べに来て.
posted by WasioHiromi at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: